webmasterすべての投稿

プチ断食に重要な復食期間

“究極のダイエットを考える人ならまず考えるのが断食ダイエットという方法です。
最近では、食事をジュースやサプリメントに置き換えることで、厳密な断食ではないけれど断食のような効果を起こし、更に続けやすいといったプチ断食が流行しています。

このような断食、プチ断食では、身体を一度リセットすることで新しいリズムを作ることの出来る非常に効果的なダイエットです。
しかしこの断食ダイエットにはしっかりとした方法があり、「ただ食べなければ良い」という考えや「数日食べなかったので復食を始めたらたくさん食べて良い」などという間違った認識を持っていると、せっかくの断食が失敗に終わってしまいます。
そこで今回は、正しいプチ断食法として、特に重要な復食期間についてお話したいと思います。

断食ダイエットにおいて、断食期間は何も食べないか、ジュースやサプリメントなどの摂取のみを行います。
復食期間とはその言葉の通り、食を復活させる期間のことで、実はこの復食機関が断食における非常に重要な意味を持ちます。
まず断食期間において、その人の胃は非常に小さくなっていきます。
そこでいきなり復食だといって、今までと同じ量を食べようとしたり、さらには今まで以上の量を食べようとしてしまっては、胃にとても大きなダメージを与えてしまいます。
なので復食期間には、ゆっくりと少しずつ食べ物を胃に送り込むことが必要となります。
そのため、復食期間は断食期間と同じ日数を取るのが通常です。
そしていきなりそれまでと同じような食事を取ったりせず、おかゆや果物、ゼリーなどの胃に負担のかからないものから食べていきます。
特にプチ断食でない完全な断食を行った場合は、重湯から始めるのが良いと言われています。

そうして徐々に胃を慣れさせていけば、復食期間が終わる頃には通常の食事が取れるようになります。
しかし断食ダイエットの効果は持続されているので、前より食べる量は減ったり、味覚が変わったことにより添加物を摂取しすぎない食生活を送れるようになるのです。
復食期間を無事終えるまでが断食です。
これを充分理解し、断食ダイエットを成功させましょう♪

自分のペースで目標を立てて断食する

人間は、邪険や邪道な心をなくす為にも、断食はやった方が良いと思うのです。どれだけの多くの栄養を取りすぎで、アトピーになったり、肥満になったり、多額のお金を使いすぎたりしているかと思うのです。

そういった現代病を治すには、一週間でも良いので、断食を行うべきです。
自宅でも簡単に出来るのが断食だと思いますし、お金もかからず、すぐに出来ます。

断食をするには、固い決意がないと中々出来ません。
出来れば、目標を立てて行うのが良いのです。

痩せてあのワンピースを着て、合コンに行くとか、
痩せたらほしかったアクセサリーを買うとか、
断食後はフレンチレストランへ予約をして、おもいっきり食べるなどと決めれば良いのです。

すると、自然と断食をしていても苦にならないのです。
断食の最中は、日頃と同じように過ごします。

音楽を聞いたり、映画を見たり、彼氏や友達と電話をしたりして過ごせば良いのです。

ストレスになると、断食も辞めたくなってしまうので、自分のペースで、最初は1日から始めると良いのです。

高額マイクロダイエットでダイエット成功

ある時、知り合いの方がマイクロダイエットを8日間やって、かなりスリムになったのを見て、母やお嫁さんとともにやってみました。し、しかし、そのマイクロダイエットの1セットが、な、なんと3万5千円もするものでした。
もちろん、その中には朝・昼・晩3食の玄米ご飯とお惣菜、スープが入っているのですが、なにせプチダイエットなので、1回分の量はわずかです。
最初にセールスマンが来て、マイクロダイエットの説明をし、ご飯を食べる時は1回口に入れたら100回くらいかんでから飲み込むとか、コーヒーやアルコールはその間飲んではダメだとか、といったようなことを、細かく指示されました。
そしてダイエットをスタート。食事といってもわずかなお惣菜とともに、よくあるご飯の半パックを1回で食べ…という具合なので、とにかくお腹が空いて、空いて、どうしようもない。母と、「お腹空いたね」と言ってフラフラしながら過ごしていたのですが、何せ、お値段が3万5千円です。他のモノを食べてしまうと、せっかくの3万5千円が水の泡だ…と思うと、もったいなくて途中で棄権する気にもなれません。「この8日間を乗り越えたら、美味しいお寿司を食べに行きましょう」と言ってお互いを元気づけ、這う這うの体でやっと8日間を過ごし、お寿司を食べたところ、プチ断食のすぐ後ということもあって、みんな、しっかりお腹を壊しました。
しかし、マイクロダイエットの効果はあったようで、それから数カ月は、暴飲暴食をしても、あまり太らない体質になっていたようです。取りあえず、3万5千円の効果はあったのではないでしょうか。

食事を節制したダイエット経験

もうかなり前になりますが、体重が80キロを超えたことがありました。
さすがにこれはマズイと思いダイエットをすることにしましたが、運動するのは面倒くさいしサプリみたいなものを買うお金もない。
当時はとにかくよく食べていた(夕食後は必ずチョコレートや和菓子などの甘いもの等)ので、食べる量を減らせばいいんじゃないかと思い立ちました。

そして決めたのが「食べる量を減らす」「甘いものを極力控える」「油ものを食べない」の3つ。
もともと朝食は食べていなかったので、昼食は「乾パン3個」と「ウーロン茶」のみ。
時々「食パン一枚」の昼食もアリとしました。
夕食のベースは「ざるそば」、あとは「鳥のササミを茹でたもの」「ボイル野菜」「豆腐」をノンオイルドレッシングで食べ、炭酸で多少の満腹感が得られるかと1本だけビールを飲みました。
そして間食と夕食後の甘いものは絶対食べない。

これを2ヵ月実践しました。
始めてから1~2週間は3日2キロペースで体重減、しばらくすると体重の減るペースが落ちていきましたが、それでも2ヵ月後には18キロのダイエットに成功。
実家ぐらしだったので、気を使ってくれた両親も同じように痩せていき、迷惑をかけてしまいました。

ただ体重は減りましたが、今冷静に考えるとよく体を壊さなかったなぁと思う2ヵ月で、事あるごとに目まいと立ちくらみ。
当時、引っ越し屋でアルバイトをしていましたが、荷物を運んでいる途中で目まいを起こしたことも1度や2度じゃありません。
甘いものが欲しすぎて夢にでてきたこともありました。

それ以降は普通の食生活に戻りましたが、胃が小さくなったのか、量を食べられない体になりました。
数年後に結婚することになるのですが、私があまりにも食べないことをご両親がよく心配していました。
そして結婚後、出されたものは残さず食べるの生活を送り、見事にリバウンド。

断食のようなダイエットはダメ、体を壊すから。
なので今はジョギングをしたり、体を動かすダイエットを実践しています。

断食ダイエットでの失敗

誰もが、いままでに一度はダイエットに関してなにか悲しい経験をお持ちではないでしょうか。
かくいう、わたしも、女友達のせいで半年前にある辛い経験をしました。
それは、わたしが、中学生の頃から運動が嫌いなためか、鏡を見るのも嫌なくらい太っていたことが原因で起きたのです。

半年前、そんな状態のままだったわたしに、細身の女友達がわたしにあることをしたのです。
それが、断食ダイエットをすすめたことでした。
おそらくは、女友達は、わたしの健康が心配で、そうしたんだと思います。
わたしと女友達がいた喫茶店でのそのことが、わたしにさらなる悲劇を招きました。

それは、一度ご飯を抜くことで余計にドカ食いの習慣が出来たために起きました。
わたしは、前よりもさらに太って変な吹き出物もできるようになったのです。
とても、悲しく、正直、半年前の女友達を恨んだりもしました。

この悲しみは、中学生の頃よりもきついものがあります。
しかし、いまは、この経験をしたことで、女友達を恨むのではなく、自分自身のダイエットの勉強だったとしてとらえようと思っています。