エアロバイクはやはり実店舗で選ぶべき

今はインターネットでもエアロバイクがたくさん売られていますよね。
高性能な機能にコンパクトに部屋に収まるサイズに高さ調整もできる物。それはそれで素晴らしいと思うのですがやはり自転車です。無理な姿勢ですると返って他の部分にダメージを与える可能性が高いです。なので私が個人的に思うのはちょっと高くても実店舗に行って実際に試乗して決めるという事です。車でも試乗してから購入を決める方が多いと思います。乗りごごちや前の見やすさなどを確認する為でしょう。エアロバイクも同様です。乗り心地もそうだし他の所に余計な負荷がかからないかチェックするためには試乗するという考えしか思いつきません。幾ら色々な機能がついていて実店舗で購入するより安い値段で売られていても、いざ乗ってエクササイズした結果他の筋肉を傷めて病院に行くことになれば返って高づきます。
こうゆう事を防ぐためにはやはり実店舗で一度試乗してみて店の方のアドバ

目的を決めることが大切

エアロバイクを選ぶときには、なんと言っても目的を決めることが大切だと思います。ただ何となくエアロバイクを買う方はいないとは思いますが、その目的に合わせて形状や負荷方式を選び、自分に合ったサイズを選ぶことがよいと思います。
そして付属している機能を選ぶことで、失敗が少なくなると思います。ついつい機能を優先してしまいがちですが、実は最初に目的に合わせなければいけないのは形状なのです。
形状の種類は少ないものの、はっきりと違いがあると思います。この形状選びを間違えると、目的の効果を得ることが出来なくなってしまいます。
その次に、負荷方式も大切です。これにより、運動強度や静音性が全く変わります。形状で搭載される負荷方式は大体決まりますが、選択肢があるものは価格も変わってくるので、予算との兼ね合いも出てきます。
あとは自分に合ったサイズのものを選ぶことで、無理なく運動をすることが出来るようになると思います。

エアロバイクの選び方を解説!

エアロバイクは、ダイエットやトレーニングで使用されます。
初めて購入される方の中には、どれを選べばいいかわからないと思っている方がいると思います。
そこで、今回はエアロバイクの選び方について解説します。
購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。
【エアロバイクを選ぶポイント】
エアロバイクを選ぶ上で一番大事なポイントは、どのような目的で使用するかです。
使用する目的に合わせた形状を選び、自分に合ったサイズを選びましょう。
【エアロバイクの形状】
エアロバイクの形状は、以下の6種類に分けられます。
・アップライトタイプ
・折りたたみタイプ
・スピンバイク
・リカンベントタイプ
・クロストレーナー
・ミニサイクル
冒頭でも説明しましたが、エアロバイクは基本的にダイエットやトレーニングで使用することがほとんどです。
ダイエットやトレーニングに適した形状は、アップライトタイプ、スピンバイク、リカンベントタイプの3種類です。

エアロバイクの連続使用時間は何分がいい?

エアロバイクには連続使用時間の制限が設けられています。
この制限時間を超えて使用し続けると、摩擦などで発生する熱によって部品が劣化・破損してしまい、修理や買い替えをしなければならなくなることもあるため、連続使用時間を守ることはエアロバイクを長く使うためには重要なことです。

エアロバイクの連続使用時間は30分のものが一般的ですが、電磁磁石を使って負荷を調節する電磁式の場合は60~100分程度と長めになっているものもあります。
また、長時間の使用が前提となる業務用のエアロバイクは耐久性が高いため、連続使用時間が設定されていません。ただ、基本的には連続使用時間が長いものほど高額になります。

ダイエットや運動不足の解消が目的であれば、エアロバイクの連続使用時間は30分もあれば十分でしょう。おすすめはフィットボックスです。連続使用時間が長いのが特徴です。フィットボックス口コミ
あまり長時間漕ぎ続けると、ひざや腰を痛める原因になる場合もあるので注意が必要です。
ダイエットの場合、運動を20分以上続けないと脂肪が燃焼しないと言われますが、そうであればエアロバイクを使う前に20分ほどストレッチを行うなど、エアロバイク以外の運動と組み合わせると良いでしょう。